スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ にほんブログ村 ゲームブログへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

web拍手

Copyright (C) 2009-2010 Falkenauge All Rights Reserved.






[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「こんなこともあろうかと!」予備のペンネームがあると何かと便利で安心です

 せっかく“ペンネーム向きの、強くて運もありそうな名前”を作る法則っぽいものが分かってきた
ので、そのルールに乗っ取って“予備のペンネーム”を作って、幾つかストックしています。
 その“名前の作り方”に関しては、機会を見てきちんとまとめるつもりですので、ここでは省略
するとして。
 今回は、どうして予備が必要なのか、予備があると何の役に立つのかということについて書いて
おきます。
 なにかとネーミング関連の記事が多いのは、管理人が名付けが苦手でそれを克服したいのと、
やはりキャラクター設定などをするうえでもネーミングは重要だと思うからです。
というわけで、興味のない方はスルーしちゃってくださいませ。

 まず、どうして予備のペンネームが必要なのか。
 
 それは単に私が過去に予備のペンネームを用意していなかったことを後悔しているからで、
ようするに“経験者は語る”というやつです。
 実は私には別件のサイトで名乗っている名前があるのですが、その名前に自分で納得できて
いない部分があって、それがちょっとした悔いのようなものになっているのです。
 なぜ納得できなくて悔いになっているかというと、最初に予定していた名前と微妙に違うから
です。
 詳しい事情は面倒なので省きますが、最初に決めた名前に対してある人物から
「その文字でこの読み方は難しい」
 という指摘がありまして。
 土壇場で、表記を変える羽目になったわけです。
 ここで、もし、予備の名前をストックしてあったなら、そのまま予備を登板させることが出来た
のですが、そんな備えはしておらず。
 かといって、新しい名前を作ろうにも名前を作るのが苦痛で苦手な性分のため“読みは同じ
で表記を変える”という、やっつけ仕事でお茶を濁してしまったわけです。

 でも、文字って、漢字って、特に文字書きにとっては大切ですよね。
 漢字の力なめんなよ、漢字の力は妖怪だって倒すんだ!
 というわけで。

 当時は時間的にも気持ち的にも余裕がなくて、そんなおざなりな対応をしてしまい。
 その後、別にペンネームのせいでそうなったわけでもないのですが、いろいろと大変な
ことがありまして、ますますやっつけ名前を使ったことに後悔の念が募ってしまったのです。
 なんというか、間の悪さみたいなものを感じてしまって。やっぱり、自分でしっくりいってない
名前は良くないのではないかと。
 もちろん、その名前を捨てるわけではありませんが、気分転換に違うペンネームを使って
みようかと考えた次第です。
 あえて既に持っているサイトやブログからここを完全に切り離して運用しているのも、そう
いった事情です。
 それに、ジャンル別にペンネームを変えようという考えは昔からあったので、ちょうどいい
機会じゃないかと。
 そういうわけで、念のために予備のペンネームをストックしておくと、変な後悔をしなくて
済むかもしれないよ、という話でした。

 次に予備のペンネームを持つと何の役に立つのかという話。

 なんでも、名前の画数が悪かったりする場合、別の名前を持って開運するという考え方が
名前に関係する占いにはあるそうです。
 これは本名でのケースなのでしょうが、名前の画数が悪かったり気に入らなかったり、運
を上げたいと考える場合。いい画数の漢字に変えて(正式な書類や証明書ではなく)ポイント
カードなどに書いておくと開運するとかしないとか。
 そういったことを真剣に信じるわけじゃありませんが、おまじない感覚で軽く試してみる
ぶんには楽しくてお金のかからない娯楽だと思うのです。
 さすがにポイントカードにペンネームはないわ、ということで、新しいペンネームを作って
サイトやブログを立ち上げたりすればいいのではという結論に達しました。

 それに、自分で名前を作ったりソフトを使って姓名判断をしたり、あるいは遊び心で開運
行動をとったりすることに慣れておけば。
 いざというときに、怪しい宗教に大金をだまし取られたりしなくて済むのではないかしら。
 実際、駅前などを歩いていると、いるんですよね、運勢とか姓名判断をエサにうさんくさい
団体に引き込もうとする不審者が。
 こういう時は、ああ、オタクで良かったな、と感じます。
 変にオタな知識があると、引っかからないし上手く逃亡できますからね。

 そういえば、以前友人の自宅に

「あなたの前世(?)は武田信玄配下の戦国武将で、戦功を挙げすぎて、殺した民衆の
怨霊にたたられて呪われているので、判子を変えないと大変なことになりますよ」

 というようなことを言う不審者がきたそうです。

 もちろん、友人一家は何も買わずに追い返したそうですが。

  っていうか、配下の武将って、誰よ。
 そこのところを、はっきりさせろや。
 いいなー、友人、武田信玄を「おやかたさま」って呼べるんだね。

 だったら、なぜ、うちにも来ないっっ。
 私の前世(?)は、どんな戦国武将なんだよ、教えてくれよ。

 というわけで。
 姓名判断や予備のペンネームで遊ぶくらいのほうが、人生楽しくて安全だよ、という話
でした。


≪Back | Home | Next≫
≪Back
| category | Next≫



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ にほんブログ村 ゲームブログへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

web拍手

Copyright (C) 2009-2010 Falkenauge All Rights Reserved.







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://falkenauge.blog93.fc2.com/tb.php/28-03bbcd73



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。