FC2ブログ

pixiv小説機能をテストしてみた


 2010年7月29日よりpixivに小説機能なるものが登場しました。
 とりあえず“自分にとって欲しい機能がついているのか”“実際に使った感じはどうなのか”
が知りたくて。
 非公開の状態で投稿テストをやってみました。
 
 一太郎やテキストエディタで書いた文章(一定の字数ごとに改行)を本文を記入するエリア
に貼り付けて投稿。
 
 行間はやや、広め。
 行開けした部分もかなり広いような印象です。
 TINAMIで小説を表示した時と同じような雰囲気です。

 そして、ここからが個人的に一番の問題。
 本文を修正したとき、それが投稿時間に反映されるのか。

 本文の一部を手直ししてから、投稿。
 投稿時間は一番最初に投稿した時のものと全く同じ。
 
 こういう仕様もTINAMI と同じというわけですが。

 個人的には初出した時点での投稿時間の管理というか、その記録を取っておきたかったので。
“小説家になろう”と同様、修正した場合には修正した際の日付けが反映される仕様のほうが
有り難かったです。
 とはいえ“小説家になろう”は修正した日付が反映されるかわり、TINAMIやpixiv のように
投稿した日付と時間、分が記録されない仕様でやっぱり使いづらい。

 そういうわけで、初出の投稿時間については他の面倒な方法でもって記録するしかないって
 ことですね。

コメント

非公開コメント

及川楠月

現在地:関東地方首都圏湾岸

詳しい内容についてはProfileのカテゴリーに追加される予定です。